レンタカー 料金 格安

レンタカー料金はどんな仕組み?

レンタカーの料金は大きく分けると、基本料金・オプション・超過料金で成り立っています。
まずは、この3つについて簡単に解説していきましょう。

 

レンタカー基本料金

レンタカーは各社によって基本料金が決められています。
もちろんレンタカー会社によって違いがありますが、多くは時間によって料金が決まっており、「6時間」「12時間」「24時間」という料金体系が一般的です。
利用時間が長いほど料金は高くなりますが、「○日の何時〜○日の何時まで」という借り方ができます。
この基本料金は、主に車種によって変わり、軽自動車やコンパクトカーの基本料金は安く、ミニバン・セダンなどは料金がアップします。
コンパクトカーや普通の乗用車では、ほとんどのレンタカー会社ではカーナビやETCが装備されています。

 

オプション

次にオプション。
カーナビやETCは多くの車に標準装備で付いてきますが、子供を乗せて利用する場合など、チャイルドシートやジュニアシートなどを借りなければなりません。
そんな時には、オプションとして借りることができます。
その他に、引っ越し作業で使うことができるロープ・台車・荷台シート、スタッドレスタイヤなどもオプションで付けることができます。
また、免責補償制度(万が一の時に免責額を支払う必要がない制度)、レンタカーの乗り捨てオプションなど装備とは異なるオプションを付けることもできます。

 

超過料金

超か料金とは、基本料金の時間を超えて利用する場合にかかる延長料金。
1日単位や時間単位で設定されています。
例えば、27時間利用する場合、24時間分の料金に3時間分の超過料金が加算されます。
DVDやCDの延長料金とは違い、意外と良心的な加算をしてくれるのがレンタカーの料金ですが、連絡なく時間を超過する場合などは違約金を加算される場合もあるので注意が必要です。

 

基本的には、レンタカーの料金は以上の3種類で構成されています。
では、どのような借り方をすると料金は安くなるのでしょうか?

 

レンタカーを安く借りるには?

ご紹介したレンタカー料金の仕組みを踏まえた上で、どうすれば安く借りることができるのか?

 

次に、レンタカーを安く借りるためのポイントをいくつかご紹介します。
レンタカーを利用する前に参考にしてください。

 

コンパクトカーが安い!

レンタカーの料金は車種によって違いますが、一番安いのは軽自動車。
次に安いのは1,000CC〜1,500CCくらいのコンパクトカー。
軽自動車の場合、カーナビが標準装備で付いていないことも多く、標準的なコンパクトカーと料金は大して変わりません。
特に車種に指定がなければ、一番台数も多いコンパクトカーがおススメです。

 

利用時間と料金は相談してみる

例えば「12時間では足りないけど、24時間では長すぎる」という場合、12時間に超過料金を加算するより、24時間借りた方が安い場合があります。
どんな借り方が得なのかは、借りる時点で営業所の担当者に聞いてみましょう。

 

レンタカー会社の料金を比較する

レンタカー会社によって料金設定は違います。
レンタカーを借りる必要がある時間で料金を比較しなければなりませんが、各社の料金をそれぞれ計算するのは大変です・・・。
そんな時に利用したいのが、レンタカーの料金比較サイト。
時間や車種のクラスを指定すると料金が表示され、一番安いレンタカー会社がわかります。

 

おすすめレンタカー料金比較サイト

日本最大級のレンタカー予約サイト、24時間即時予約OK!
複数のレンタカー会社の料金を比較することができるので、格安レンタカー探しが簡単!

 

以上、レンタカーを安くするポイントを挙げてみました。
この他にもいろいろな割引などもありますが、基本はこの3点を抑えておきましょう。